京都 おもてなしの心。
京都は本当にたくさんの方に愛されている場所だと感じます。

Googleが昨年6月末にテスト運営(ベータテスト)を開始した独自SNS「Google+」はご存知でしょうか?

当初、一部のユーザーだけに、メールによる招待制という形でスタートしたGoogle+ですが、会員が増え続け、Google+のユーザー数は当初の2週間で1000万人超えていました。これまでのSNSでは1000万人を超えるのにどのくらいかかったのかを調べてみたところ、GREEで 5年、mixiで 3年以上、Facebookで 2年8ヶ月、Twitterで 2年7ヶ月、そして、なんとGoogle+はたったの 13日なんです。
そして、先日4月11日にGoogle CEOのラリー・ページ氏がユーザー数を公開しました。なんとユーザー数、1億7000万人を超えています。SNSという分野へ後から参入しているだけに有利であるとは言えますが、この驚異的なスピードはヤハリ、検索大手Googleの打ち出したサービスであるからだと思います。

私は開始当初からGoogle+に参加している京都人として、すごく感じていることがございます。「京都」は、日本人の方はもとより多くの外国人の方にも愛されているんだな、と実感しております。 京都へ観光された時の写真や動画を、Google+の一般公開投稿で公開されてる方も多くおられます。

Google+の「共有」というしくみを考えた時、京都の写真を一般公開されてるのを見つけ、共有していけば、いつか「世界中の京都が好きなみなさんで撮った写真集」のようになるのでは!と思い、おもてなしの心のGoogle+ページ「おもココ(Omokoko)」を開設いたしました。

 おもてなしの心のエリア別に抽出できるハッシュタグ(#から始まる文字列で、その文字列の入った記事だけを抽出できる機能)とともに、いろいろな写真を共有しております。いろいろな写真が集まってきておりますので、ぜひご覧ください。

おもココ(Omokoko)Google+ページ
https://plus.google.com/104168476525148363878/ 

Comments (0)